http://www.zamacli.com/

記事一覧(123)

🚂処方は続くよ ドコまでも🚂

ためてしまった症例がモリ沢山ぼちぼち再開します😅80代女性妄想と記憶に問題があり受診妄想の主体はモノ取られ妄想ですね2年前から異常が認められるようになった持参された頭部MRIの写真コレも2年前のものまっ コレでヨシとしました赤い⭕️で囲んだ部分はガラーンとしていますが・・・例の“海馬”が存在する部位改訂長谷川式10/30遅延再生全滅写真を出しませんでしたが前頭葉の萎縮もある年齢ですでもそれ以上に激しい萎縮が頭頂葉にありました図形も時計も書けませんこの症例は画像でみたままの状況と言って良いと思います重要なことは萎縮=機能障害は常に成立しないのです‼️仕方ないのですよ本やらブログなどに何度も何度も書いた通り脳の素晴らしい機能が外から見ただけでわかりますか❓ってコト海馬がひどく萎縮していても全然問題なく得点できて生活できている人が実際通院されていますからね神経痛で・・・さて 本題例のごとくアリャセプトなんて薬剤が他院よりずーっと出されていましたが家族が言うには「何も良くならない」理屈通りですね考えれば容易にわかるコトです海馬の部分の神経が壊れて無くなったそこにアリャセプトを投与もりもりと海馬の神経細胞が生き返り元に戻るそんなことは絶対に起こりませんアリャセプトには神経を治す効果はカケラも無いのですアセチルコリンをダブつかせて神経の尻を叩くだけでも・・・対象の神経はもういない😨BPSDである妄想は減るんでは❓アリャセプト飲んでいても「何も良くならない」家族が下した結論ですもうこういう儀式はやめませんかねもちろんサプリなんて使う対象じゃありません海馬がもりもりできますか❓ノーベル賞ですわそんなことできたら🤩白内障で白濁した水晶体はいつになったら元の透き通った水晶体に戻せますかね❓同じ次元の議論ですね

トシだから・・・2連発‼️

写真と本文はナンの関係もありません😅いまどき、何も珍しい話では無いのですが、ダレでもトシをとるわけですね。筋力も衰え、心肺機能も衰え、そりゃあ、中高校生みたいにゃ動けません。でも・・・新年早々、以下のような・・・。症例1)70代女性腰痛で通院されていました。治療の甲斐あって、疼痛は改善。😔「先生、今日はご相談が⤵️」😳「改まってナニ❓」聞けば、最近、動くと息が苦しくなるとか。いわゆる、労作時呼吸困難が主訴。近所のかかりつけ医に相談したら「トシだから仕方ない」と一刀両断。困って、こちらに相談してきたとか。そりゃあナイわ😱問診すれば、加齢による生理的な機能低下レベルじゃございません‼️呼吸器科へ紹介。後日、ニコニコで再診🙂聞けば、クスリが処方されて格段に楽になったとか。よかった、よかった😌で、診断は『肺気腫』。全然、トシじゃないわ〜。この患者さんがかつてはヘビースモーカーであったことくらい聞いとかないとね。症例2)70代男性別件で受診されたが、かつて、アタマにきた話💢を教えて貰いました。肘が伸びない、いわゆる、肘の可動域制限が主訴。某整形外科医。「加齢性の変化」とのこと🙃聞けば、元ピッチャーでございました。🤣😂😅書くのもイヤんなるわ。写真は川越のトキの鐘。誰でもトキを重ねて、変わっていくのは・・・。アンチエイジング主義のこちらは流れに素直に乗りゃしません🤪でも、トキを経て、トシとともにヒトはダレでも少しは変わるでしょうが、まずは病気を見つけてみよう‼️ってコトですね。