http://www.zamacli.com/

記事一覧(155)

血圧が下がり過ぎるとせん妄を呈する 90+α歳

今までも、たくさんの年賀状を頂きましたが、直筆での最高齢記録を更新。初めてお会いした、数年前にはとても、とても考えられなかったこと。暴言を吐き、失禁もあり、歩行も困難。脳は画像上、萎縮は当然ですが、典型的な正常圧水頭症(NPH)像を呈していました。が・・・、服用されている薬剤を整理、新たに必要な薬剤を追加して、経過を診てきましたが、別人のような目の輝きに。暴言は収まり、失禁までも!!NPHの時に見られる典型的な歩容ではなく、歩行障害の原因も、変形性膝関節症によるものとわかり、一安心。その証拠に、今も杖1本で歩いて来られています。いやぁ、当時の大騒ぎは“せん妄”だったワケで、もろもろの薬剤が原因で、おそらく、血圧の下げ過ぎ。今でも時々、プチせん妄状態を呈されますが、この患者さんの場合降圧剤の量を調整して、切り抜けられるので幸い。「クスリを飲んで、血圧も100くらいで落ち着いています」エ〜ッ!!そこまで下がると、超高齢者の脳内血液循環や如何に。よほどの重大な循環器系疾患があれば、循環器専門医の管理下へ。それ以外、特に90歳を超えてきたら、降圧の仕方次第で、認知機能がめちゃくちゃになりますので、要注意。例の使えない抗認知症薬以外でも、高齢者の場合は薬剤で色々と起きるのです。画像上、NPH初見を呈するも、症状の悪化を認めない超高齢者の年賀状紹介でした。ハッキリとした画像上のNPH所見・・・。拙著に書いた通り、画像もカタチを見ているだけ、キノウは見てないからです。この方のニューロンは、機能しているということです。元々、持っている「性能」が違うのでしょうね。

アリセプト®︎ 服用後に 興奮・感情失禁を呈した症例

80+α 歳 患者。アルツハイマーと診断されて、商品名アリセプト(一般名ドネペジル)を2週間処方された後、ドカーンと50日分 出されました。ヨコミチに逸れますが、世間ではアリセプト=ドネペジルの理解すら進んでおらず、「アリセプト®︎は飲んでいません」と聞いて、おクスリ手帳を見たら、ドネペジルがシッカリと処方されていたなんてことも。アリセプト®︎。神経を治すなんて効果はゼロ。理屈からしてムリ、ムダ、ムチャ。興奮性神経伝達物質であるアセチルコリンを分解されにくくすることで、“アセチルコリン過剰”環境を作り出し、認知機能を上げようと言ったやっすい《野望》を持った薬剤。分不相応な・・・と言ってしまえばソレまで。アセチルコリンごときでできるわけがない。この中枢神経の世界。最初からいると・・・気が付かないでしょうね。摩訶不思議な“伏魔殿”のような世界。いくらでも、疑問が噴き出すコトがフツウに行われています。かなり、笑える内容のモノが多いですね。では、質問です。広汎に神経原線維変化を呈した、重症アルツハイマーでいきますか・・・。変性ニューロンにおける、アセチルコリン受容体、正確にはニコチン性受容体ですが、著しい数の減少を呈している状況で、半減期が異常に長いアリセプト®︎を販売元がおっしゃる通りに、毎日、毎日、・・・服用させた結果、予想される、受容体に起こりうる変化を簡潔に説明されたし。処方される立場にある医師なら、フツウに重い浮かんでくる疑問。アリセプト®︎を処方される、なんでも御存知の主治医の先生にお尋ね下さい。最後にアリセプト®︎の添付文書を読んでみましょう。フランスのしたことは当たり前のことですね。