http://www.zamacli.com/

記事一覧(149)

血圧が下がり過ぎるとせん妄を呈する 90+α歳

今までも、たくさんの年賀状を頂きましたが、直筆での最高齢記録を更新。初めてお会いした、数年前にはとても、とても考えられなかったこと。暴言を吐き、失禁もあり、歩行も困難。脳は画像上、萎縮は当然ですが、典型的な正常圧水頭症(NPH)像を呈していました。が・・・、服用されている薬剤を整理、新たに必要な薬剤を追加して、経過を診てきましたが、別人のような目の輝きに。暴言は収まり、失禁までも!!NPHの時に見られる典型的な歩容ではなく、歩行障害の原因も、変形性膝関節症によるものとわかり、一安心。その証拠に、今も杖1本で歩いて来られています。いやぁ、当時の大騒ぎは“せん妄”だったワケで、もろもろの薬剤が原因で、おそらく、血圧の下げ過ぎ。今でも時々、プチせん妄状態を呈されますが、この患者さんの場合降圧剤の量を調整して、切り抜けられるので幸い。「クスリを飲んで、血圧も100くらいで落ち着いています」エ〜ッ!!そこまで下がると、超高齢者の脳内血液循環や如何に。よほどの重大な循環器系疾患があれば、循環器専門医の管理下へ。それ以外、特に90歳を超えてきたら、降圧の仕方次第で、認知機能がめちゃくちゃになりますので、要注意。例の使えない抗認知症薬以外でも、高齢者の場合は薬剤で色々と起きるのです。画像上、NPH初見を呈するも、症状の悪化を認めない超高齢者の年賀状紹介でした。ハッキリとした画像上のNPH所見・・・。拙著に書いた通り、画像もカタチを見ているだけ、キノウは見てないからです。この方のニューロンは、機能しているということです。元々、持っている「性能」が違うのでしょうね。

アリセプト®︎ 服用後に 興奮・感情失禁を呈した症例

80+α 歳 患者。アルツハイマーと診断されて、商品名アリセプト(一般名ドネペジル)を2週間処方された後、ドカーンと50日分 出されました。ヨコミチに逸れますが、世間ではアリセプト=ドネペジルの理解すら進んでおらず、「アリセプト®︎は飲んでいません」と聞いて、おクスリ手帳を見たら、ドネペジルがシッカリと処方されていたなんてことも。アリセプト®︎。神経を治すなんて効果はゼロ。理屈からしてムリ、ムダ、ムチャ。興奮性神経伝達物質であるアセチルコリンを分解されにくくすることで、“アセチルコリン過剰”環境を作り出し、認知機能を上げようと言ったやっすい《野望》を持った薬剤。分不相応な・・・と言ってしまえばソレまで。アセチルコリンごときでできるわけがない。この中枢神経の世界。最初からいると・・・気が付かないでしょうね。摩訶不思議な“伏魔殿”のような世界。いくらでも、疑問が噴き出すコトがフツウに行われています。かなり、笑える内容のモノが多いですね。では、質問です。広汎に神経原線維変化を呈した、重症アルツハイマーでいきますか・・・。変性ニューロンにおける、アセチルコリン受容体、正確にはニコチン性受容体ですが、著しい数の減少を呈している状況で、半減期が異常に長いアリセプト®︎を販売元がおっしゃる通りに、毎日、毎日、・・・服用させた結果、予想される、受容体に起こりうる変化を簡潔に説明されたし。処方される立場にある医師なら、フツウに重い浮かんでくる疑問。アリセプト®︎を処方される、なんでも御存知の主治医の先生にお尋ね下さい。最後にアリセプト®︎の添付文書を読んでみましょう。フランスのしたことは当たり前のことですね。

逆風の中 骨密度を増やした91歳

今年の環境の厳しさは再三指摘した通りです。昨日、今日の暖かい陽気。あり得ないことですよ、12月ですからね。でも、御心配なく。冬に相応しい気温に戻るべく、今晩から、強烈な“気温低下”がはじまりますから。マジで、尋常じゃない展開。気象変動・・・。医者は“コレ”とも戦わねばならないのです。人間は勝てませんよ、強大な自然には。でも、ボロ負けを回避しませんと、知恵を絞って。明日から“痛み疾患”は、セカンド・ステージへ突入・・・。暗い気分を明るくする話題を取り上げましょう。今年の6月から9月に及ぶ異常気象による、高齢者に対する影響は、以前の記事に記載した通りで、活動量低下に起因する骨密度の悪化に衝撃を受けたと言う話。大惨敗・・・。まぁ、即、改善策をコウジマシタけど。ただし、何事にも例外は存在。今年の厳しい環境下、骨密度を増やしていたのですよ、この91歳のHさんは‼️Hさん。坐骨神経障害、骨粗鬆症、高血圧・・・。最初、お会いした時は、とても、とても、充分に動ける状況ではなかったのです。ところが、持ち前の根性で、見事に疼痛を克服。(当方も無い知恵をしぼりました)今では日課にナニをしていると思います❓毎朝、孫を起こしに、自宅の1階から3階まで、階段の上り下りですよ‼️御自宅 拝見・・・なんてしていませんが、1階から3階までの階段使用。91歳の年齢でこの脚力は見事でしょう。真面目に教えたことはしっかりと実行してくれますし、日常生活動作に支障ナシ。骨密度も維持されて当然でしょう。(飲んでいるクスリもグーでしょう)先日が今年最後の診察でしたから、また来年に向けて、互いに闘志を燃やすべく、エールを交わしました。本当に大したもんです、Hさん。来年もいい年にしましょう‼️

高齢者にみる“多様性”の一面

臨床医となり、しばらくしてから、大学院に進みました。この段階で、整形外科医から軌道修正し、自分の考える、高齢者を対象とした抗加齢医療を興すべく、準備を開始したワケです。大学院時代は遺伝子多型を勉強し、元々、整形外科医ですから、関節リウマチをはじめに、さらに自己免疫性疾患のみならず、他領域の疾患感受性遺伝子の存在を知ることとなりました。大学の関連病院をまわる過程で、高齢者における“身体機能の差”が環境因子だけではなく、遺伝的な要因が大きいことを確信していました。話がヨコミチに逸れますが、アルツハイマーをはじめ、神経変性疾患なんて、遺伝子抜きの議論自体、大爆笑モノ。じきに明らかになります。・・・院生も大昔、25年も前でしょうか、遺伝子多型をキッカケに“diversity”と言う言葉と長いお付き合いがはじまったワケです。diversityって何❓今でこそ、珍しくもなんともありませんが、“多様性”と言うことです。36年前に、40日以上かけて、イギリスからイタリアのローマを経由して、エジプトまでヨーロッパ縦断旅行した際、日本人になんて滅多に会えませんでした。それと同じですね。そう、25年前だと“diversity”なんて、他の分野では、あまりお目にかかれませんでした。でも、この“多様性”と言う言葉から、多くのことを学び、それ以降、各症例を理解することが可能となりました。高齢者専門クリニックとして、健康寿命の延伸、特に自立喪失回避を具体的な目標とする当院では、認知症症例は少数派。びっくりしてもらえそうな、今日の外来での、患者さんとの実際の会話をあげてみましょうか。・・・「最近の調子はどうですか?」「先生、痛みは落ち着いています。寒くなってきましたから、暖かくするよう気をつけています。ヒートショックは危ないですからね」・・・いやいや、ただただ、感心するばかり。あと2週間で86歳になる方です。ヒートショックは数年前から、マスコミも取り上げはじめましたが、タイムリーにヒートショックですからね。浴室内等の温度管理に注意している現状を淡々と説明されていました。全く、その通りです。この方は、院内の“フレイル”を説明する掲示を見て、フレイル対策も聞いてきた学究派。当院には余裕で“90歳代通過”候補予定者がゾロゾロいらっしゃるワケですよ。こちらも嬉しくなります。各症例の抱える疾患と各症例の検査上の必須項目(我流の注目点の一つ)の関連性を考えながら、補強・修正していく・・・。やること満載。少しでもお役に立てれば・・・。脳もMCIと呼ばれる、認知症を発症する前ならそこそこなんとかなっているかも。偉そうなことは言えませんが。